飯田 香穂里 准教授

Tel: +81-46-858-1520
E-mail:
ResearchMap: http://researchmap.jp/iida_k/

科学史

科学や技術は、社会と無関係に発展してきたわけではありません。では、どのような関係を持って発展してきたのでしょうか。その問いに答える方法の一つが、科学史研究です。科学史という研究領域では、科学理論の変遷を時間軸に沿って説明するというよりも、社会の営みの中における科学知識の生産や利用等さまざまな側面について分析します。これからの科学のあり方を考える上で、このような歴史的視座は欠かせません。

私の現在の主な研究分野は日本の遺伝学史です。1920年代から1960年代にかけて、日本の近代化、戦争、米軍占領、冷戦等の社会背景の中、遺伝学がどのように発展し、遺伝学的知識がどのように社会で使われたのかに興味があります。

生物学の歴史や現在の生命科学には、考えるべき題材があふれています。「科学と社会」副論文研究では、それらの題材について、科学と歴史の双方からの視座を持って考察できる人材を育成していきたいと考えています。

kaori_iida

代表的な論文、著書等

  1. Iida K (2015) A controversial idea as a cultural resource: The Lysenko controversy and discussions of genetics as a ‘democratic’ science in postwar Japan. Social Studies of Science 45 no.4: 546-569.
  2. Iida K (2015) Genetics and ‘breeding as a science’: Kihara Hitoshi and the development of genetics in Japan in the first half of the twentieth century. In D. Phillips and S. Kingsland eds. New Perspectives on the History of Life Sciences and Agriculture (Archimedes 40, Springer International Publishing Switzerland), pp. 439-458.
  3. Iida K (2010) Practice and politics in Japanese Science: Hitoshi Kihara and the formation of a genetics discipline.  Journal of the History of Biology 43: 529-570.
  4. Iida K and Proctor RN (2004) Learning from Philip Morris: Japan Tobacco’s strategies regarding evidence of tobacco health harms as revealed in internal documents from the American tobacco industry.  Lancet 363: 1820-1824.  
CLOSE