公開論文発表会

氏名/Name題目/title発表日/date
武田浩平
Kohei Takeda
Ritualized signals in the red-crowned crane: how and why do they perform various displays? 2016年 2月 2日
森田理仁
Masahito Morita
Evolutionary approaches to fertility decline in humans: case studies in Japan 2016年 1月22日
澤田紘太
Kota Sawada
Evolutionary ecology of complex sexual systems in marine animals 2016年 1月21日
吉田 后那
Mina Yoshida
Behavioral study of innate color preference in forging Japanese yellow swallowtail butterfly 2015年 8月17日
川嶋 彩夏
Ayaka Kawashima
Molecular evolution of cytochrome P450 in vertebrates: rapid turnover of the detoxification-type and conservation of the biosynthesis-type2014年 7月17日
内山 博允
Hironobu Uchiyama
The visual function of the 'rough' eyes of the Northeast-Asian wood white butterfly, Leptidea amurensis
ヒメシロチョウの“凸凹複眼”の視覚機能
2014年 2月17日
Emmanuel Abraham MpolyaEpidemic dynamics of a vector-borne disease on a villages-and-city star network with commuters
都市・村落星状ネットワーク構造のもとでの昆虫媒介伝染病の動態
2014年 2月12日
原 雄一郎
Yuichiro Hara
Comparative Genomics of Closely Related Species - Uncovering the Evolutionary Process of Shaping the Characteristics Representing the Species2013年 2月18日
千葉 磨玲
Marin Tiba
Dynamics of RNA molecules during mitosis in cultured cell2013年 2月13日
小川 裕理
Yuri Ogawa
The physiological basis for color vision in the Eastern Pale Clouded yellow butterfly, Colias erate2013年 1月15日
高橋 遼平
Ryouhei Takahashi
Ancient DNA を用いた先史時代 琉球列島へのイノシシ ・ 家畜ブタ導入に関する動物考古学的研究
Zooarchaeological study of introduction of Sus scrofa into the prehistoric Ryukyu Islands based on ancient DNA analysis
2012年 7月31日
山道 真人
Masato Yamamichi
Eco-evolutionary dynamics in predator-prey systems
捕食者-被食者系における生態-進化動態
2012年 2月13日
加藤 直子
Naoko Kato
公的科学研究機関の経営行動科学的研究
A Study on Managing Public Scientific Research Institutions in Japan
2012年 2月 9日
桂 有加子
Yukako Katsura
哺乳類の性決定機構の進化と起源
Origin and evolution of sex determination systems in mammals
2011年 8月22日
杉野 隆一
Ryuichi Sugino
Genome evolution after WGD in the baker's yeast.2011年 8月19日
GIANNAKOPOULOU, PARTHENIAHEALTH AND DISEASE IN THE KANTO REGION DURING THE EDO PERIOD (17th-19th CENTURIES), JAPAN 2010年